Security Policy

情報セキュリティーポリシー

株式会社アクト
代表取締役 小林泰彦

株式会社アクトでは、会社創立以来の重要顧客である公企業・地方自治体・民間の代表的主要企業からの期待と信頼を絆に「人ありき」を標榜し三位一体となってウィン・ウィンの関係を築き上げてきた。この信頼とは企業間同士は当然のこととしながらも、営業・システム社員個人と顧客担当者との長期にわたっての健全な付き合いによってより強固な関係を築かれたものと自負している。

当社は、コンピュータのハード・ソフト販売・システム開発・ヘルプデスクのアウトソーシング事業等を展開し、貴重かつ秘密が厳守されるべき情報を主に取り扱ってきた。

上記の主要顧客から鑑みれば、より一層の取り扱いに厳重かつ厳格な注意を要求されることを認識し、各種情報の漏洩と管理には考えうる十分な対策を施してきた。

しかしながら、昨今の問題として、完璧に行っていたであろうセキュリティ・チェックシステムをかいくぐり大きな社会的混乱をきたしている状況がはびこっている。これは、システム的な問題のみの起因ではなく、管理を行うべき人の意識が希薄なための錯誤と軽率な行動によって引き起こされた例も多く見受けられる。

当社はこの状況を踏まえ、セキュリティシステム面での日々の強化は当然のこととして、情報セキュリティポリシーの標準である、「ISO/IEC 27001:2013」の資格取得により、セキュリティポリシーの分析と標準化を改めて策定。

社内の情報セキュリティの強化により、遵守すべき各種の事項と行動規範を徹底させ、顧客の資産・財産を守ることを決定した。

当社においては、特にアウトソーシング受託事業に対象を絞り、この情報セキュリティポリシーを社外にも告知、今後の継続により大きな顧客との信頼関係を取得すべく周知徹底を図るものである。具体的には、サポートデスク業務と業務実施の区域、並びにそれに携わる関係者に適用する。